2010年05月08日

ありがとう、感謝の気持ちでいっぱい!!

やっと気持ちが落ち着いてきました。

4/28 レディは亡くなりました。

すいません、私のわがままで申し訳ありませんが詳細は省略させてください。


今回、不思議な力が働いていたように思います。

レディの運命だったのかな・・・とも思っています。



普段、私が見る夢にレディが出たことはないのですが

4/27のレディを手術に連れていく日の朝方と、29日レディが亡くなった次の日
レディと会話する不思議な夢を見ました。
私が都合のよい夢を見ただけなんですが・・・
客観的に聞くと、笑っちゃうかも・・・・
 
27日の夢は
わーい(嬉しい顔) 「なんか最近太ってきた気がする〜。足がムッチムッチやわ〜」

レディ目 「そんなん太っちょんうちに入らんわ〜。心配せんでも〜私の方が太っちょんやろ〜」

わーい(嬉しい顔) 「確かに。そう言われると、そんな気も・・・」

・・・・レディと会話したくて見た夢か!?と思ってました。
朝ダンナサンに
「レディと話が出来る夢見た〜。」
「レディの声が直接頭に入ってくる感じで。面白い声やったよレディ。」
「大分弁マスターしちょったで、レディ」

と話してました。


29日は哀しい夢です。

レディと一緒に温泉いい気分(温泉)に入っていて、
私が身体を洗い流してて、レディは湯船につかって〜って感じだったのですが
ふっと振り返ると、レディが沈んでいるがく〜(落胆した顔)
(タイタニックのディカプリオが海に沈んでいく時のシーンのように)

慌ててレディを引っ張り上げたのですが、


レディ「気づいてくれてありがとう」


と言って(頭に声が入ってくる)目を閉じたまま。


私 「どういうこと!?気がついてって、何に!?」

  「沈んだの気がついてってこと?」

と声をかけても返事をしてくれず、そのまま私は目が覚めました。

目が覚めても腑に落ちない感じでした。
ただ、レディが亡くなる瞬間はこんな感じだったのかも・・・と考えました。
(心臓よりも先に呼吸が止まったとのことなので)
レディが亡くなって、眠れなかった中で見せた夢なのか・・・



5/1レディを火葬する日の朝方、ふっと悟り、起きました。

ひらめきそういうことだったのか〜と。

いろんなメッセージが込められていると感じました。

飼い主に都合の良い解釈だとも思います。

・時々、鼻水で呼吸が荒くなり、夜中・朝方眠れてないレディに気がついて
 「辛いなぁ、眠れんのやな〜」とレディをナデナデして眠らせていたこと。

・前の病院の治療に納得せず、バーミーママさんに相談したこと。

・バーミーさんにいるレディに気がついたこと(ファンになりました)

・家の中でおしっこしないレディのおしっこポイントに気がついたこと(薬の副作用でおしっこ頻繁にするようになってました)。レディ用の毛布の上がポイントでした!!


まだまだあるかもしれません。

私だけでなく、レディがいろんな人に伝えたいメッセージかもしれません。

「気づいてくれてありがとう」

こう考えるとまた涙がたくさんでてくるのですが・・・

優しくて賢いレディが、落ち込んでいる私達の気持を楽にしようとしてるのだろうと

そんな力がレディにはあるような気がします。



今回、素敵な素晴らしい方々に支えて頂きました。

バーミーママさん。
レディを私達夫婦に譲って頂いたこと。本当に感謝しています。
本当にサプライズでした。
バーミーママさんの器の大きさにも感激しました。
レディを譲って頂いた日、バーミーママさんの気持ちを考えると涙が出てしまって
申し訳なかったです。辛いのはバーミーママさんなのに。
病院の件でも、本当に感謝しています。
感謝という言葉だけでは足りないほどです。
本当にありがとうございました。
今回は一番忙しい中のお別れで、辛かったと思います。
レディの霊前にと頂いたお花は、私達夫婦とても癒されました。
ダンナさんの仕事が落ち着いたら、是非直接会って感謝の気持ちを伝えたいです。
こんな頼りない私達でよければ、またバーミーッ子を迎えたいです。
(ダンナサンはまだ、そんな気にはなれないようですが・・・)


最後お世話になった、日田の末松どうぶつ病院の先生。
こちらでは、レディとても落ち着いていました。
本当にレディを助けたかった・・・という気持ちがにじみ出ていて
レディのために、一生懸命、治療して頂いたこと感謝しています。
他の病院にかかっていたレディなのに、、突然の診療のお願いにも関わらず、快く対応して頂けました。
レディの顔の手術の跡、きれいでした。
きっと傷跡分からなくなるだろうな〜というぐらいに。
レディの安らかな顔は先生のおかげだと思っています。
素晴らしい先生だと思います。
ありがとうございました。
大分からは遠いですが、
再びコーギーを飼うことがあれば、かかりつけの病院としてお願いしたいほどです。

面識はありませんがこざん動物病院の先生。
日田の末松どうぶつ病院の先生を紹介して頂いたこと、
末松先生とバーミーママさんと連絡を頻繁にとってレディの経過を知らせて頂いたこと。
日々の診察で忙しい中、そうそう出来ることではないと思います。
本当にありがとうございます。
どうお礼を述べたらよいのか・・・・、感謝の気持ちでいっぱいです。


皆さんレディを思って、ここまでして頂いたんだ・・・と思うと胸がいっぱいです。
レディは幸せだと思います。

レディ自身も幸せだったから、私達にも幸せな時間を与えてくれたのかな・・・と思います。

いつも笑わせてくれるレディでした。

 
亡くなるちょうど1ヶ月前3/28
の散歩の写真です下下下
52.JPG


53.JPG
 
54.JPG
 
55.JPG
 
56.JPG
 
57.JPG
 
58.JPG
 
59.JPG
 
61.JPG
 
60.JPG
 
↑このときのレディの顔は、私達のデジカメでレディの顔が
顔認識表示されるほど、満面の笑顔でした。
 
 
 
こんなに早くお別れがくるとは想像していませんでした。
 
散歩途中で、繋がれている犬の家を覚えていて、そこが近付くと
わざと足音をたてて挑発したりするチョイ悪でお茶目なレディ、
(吠えられるのを楽しんでいるような・・・)
 
私達が原因も思いだせないほどのくだらな〜いケンカをし始めたときに
「怒んないのよ〜」って感じで抱きついてくるレディ
 
炊飯器の音、ラップを切る音に逐一反応するレディ
 
ピンポーンに反応したり、散歩中ヤマト運輸さん見つけて吠えちゃうレディ
 
のんびり眠ってばかりのレディ、
 
散歩でボール遊びに夢中になったり
 
帰宅してヘッドアタックしてくるレディ
 
私が食べようとしてた卵焼きを、見ていない間にパクっと食べちゃう食いしん坊なレディ
 
布団しいてたら、ダンナサンの寝る場所を嬉しそうに占領して
「添い寝しますわよ揺れるハート
って感じでダンナサンにアピールしてるレディ
 
雷の音や、似たような音に反応してバリケンや玄関に避難する臆病なレディ
 
テレビを見て泣いてたら、すーっと寄り添って手をなめたりするレディ
 
散歩へ行けば必ず「かわい〜」と言われ、コーギーのかわいさを宣伝して歩いているレディ、
 
ぜーんぶ大好きです。
 
飼い主ばかかもしれませんが、レディは飼い主孝行だと思ってます。
 
空気を読むのも上手でした。
 
苦しんでいる姿を見せたくなかったのでしょう。
 
「かわいい」を認識していたと思うので
 
(最近「タレント犬」って言ったら反応してたんです・・・)
 
おばあちゃんになる姿を見せたくなかったのかも・・・
 
ダンナサンは「レディは美人薄命やわ〜」なんていってますたらーっ(汗)
 
 
 
ダンナサンは、失恋のショックから立ち直れない人のようになってますが
もともと楽観的な性格だから、もうちょっと時間がたてば大丈夫だと思っています。
 
私は、レディがいなくなって、急に静かで、静かすぎてテレビをつけていないと眠れなかったり、
数日食べれないほど落ち込みましたが、立ち直りは早いので
もう大丈夫です。食欲も回復したし、テレビつけなくても眠れるようになりました。
時々涙がでてしまうけど。
 
 
 
不思議エピソードもう一つ。
 
レディを病院に迎えに行った時、行きと帰りで、
 
しかも病院の周りで
 
散歩しているコーギーを見かけました。
 
それぞれ別のコーギーです。
 
正直
 
「なんでこんな時に!!」
 
と思ってしまいました。
 
でも、素直に「かわいいなぁ」とも思いました。
 
これもレディの仕業かな〜
 
ダンナサンは私達が寂しくならんように・・・とレディが仕組んだんだ思ったみたいです。
 
私は
 
「こんなに辛い思いをするならもう飼わない」
 
という思いをさせたくなかったからじゃないでしょうか。
 
本当に最後まで気配りの出来るレディだと思います。
 
帰りにみた、体型も顔も、ちょっぴりレディ似の顔の白いコーギーを私達に会わせ
 
「こんなにコーギーはかわいいんだよ!!」
 
「またこうやって散歩しなよ!!」
 
「楽しいんだよ」
 
「泣かないで〜」
 
って伝えたかったんだと勝手に思い込んでいます。
 
 
火葬も私達の都合で5/1と日にちがありましたが、
 
我が家は涼しくて、特にレディのいたケージの場所は特等席だったので
 
身体が傷むことなく、鼻のいい私でも傷んだ匂いを感じることもありませんでした。
 
5/1の日中から、大分は夏に季節が変わりました。
 
不思議です。レディとゆっくりお別れできた・・・と思います。
 
 
 
 
後悔はありません。
 
ダンナサンには「切り替えが早い」なんて言われていますが
 
レディの事を忘れたわけではありません。
 
忘れられない、あの時ああすれば・・・と後ろを向いてばかりではなく
 
前に進みながら、レディの事忘れてないよ!!という日々を過ごす方が
 
供養になると思ってます。
 
 
薄情だな〜と思われるかもしれませんが
 
また、いつか、コーギーを飼いたいです。
 
そう思うのはレディのおかげです。
 
そうして楽しく過ごすことができれば・・・と思ってます。
 
 
ブログにレディの写真をまたアップするかもしれません。
 
ダンナサンの様子も。
 
もし、新しくコーギーを飼い始めたなら・・・・お知らせするかも・・・
 
 
 
私・・・切り替え早いんでしょうか・・・・
 
今の気持ちを一生懸命伝えたくてブログ更新しました。
 
ペットを亡くされて、ブログがそのまま、新しいワンコを迎えず・・・というブログを時々見かけると
悲しくなっていた自分を思い出したので。
この飼い主さんは今どうしているのか・・・と。
 
もし、そんな飼い主さんがこのブログを見たら、私のことを薄情に思うかもしれません。
 
でも、ずっと悲しんでいるだけでは供養にならないと思います。
 
 
 
私は、レディに天国で心配かけたくないです。
 
天国でもマイペースにのんびりしていてほしいので。
 
長文になりましたが、たくさんの人に、私の気持ちが伝わることを祈ってます。
 
これからペットを飼う人、ペットとお別れしたばかりの飼い主さん、まだお別れを経験していない飼い主さん、それからダンナサンへ。
 
別れは本当に突然です。
 
でも、ずっと悲しんでばかりだったり、新しくペットを飼うことを恐れないでほしい。
 
 
 
レディ、約1年近いくらいの短い間でしたが
 
私達と一緒に過ごしてくれて
 
本当にありがとう。
 
大好きです黒ハート
  
 
 
 

ニックネーム okusan at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2069073
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック